So-net無料ブログ作成

「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」展(京都国立博物館):仏画編 [美術展]

国宝展 京博.jpg
開館120周年記念 特別展覧会 国宝
2017年10月3日(火)~11月26日(日)
京都国立博物館 平成知新館

お気に入りとの再会と新しい出会いを楽しみにⅡ期とⅣ期の2回足を運びました。お祭りみたいなものだから混雑は想定内。これだけランダムに名品が並ぶと自分の好みがよーくわかります。やっぱり仏画の前で足がとまりました。

・釈迦金棺出現図(京都国立博物館)
涅槃に入られたお釈迦様がイエスキリストのようによみがえった場面を描いています。涅槃図といえばお釈迦様は横たわっているのでとても珍しい構図。周りに集まっている衆生もこころなしかビックリしているように見えました。その人物の何人かに小さく名前が書きこまれているのを単眼鏡で見つけて急に親近感。“〇〇さん、よかったね!”と一緒に喜びたくなりました。名前って大事ですね。

釈迦金棺出現図.jpg


釈迦如来像(赤釈迦)(京都・神護寺)
いならぶ仏画の中でも神秘度が極まっていて、博物館の中にも関わらず抑えようもない霊力を発散していました。すべて見透かすようなまなざしで、男性にも女性にもみえる高貴なお顔。近寄りがたく畏れ多く、美しいけれど美術品とはなりえない生きている仏画です。切れ長の目をよくよくみると黒目には赤い縁取り、白目の目尻には青が入っています。赤い衣に施された截金もめちゃくちゃ手が込んでいます。

千手観音像(東京国立博物館)
千手観音は多くの手をどう処理するかが難しいので、仏像も仏画もあまりグッときません。でもこの千手観音は多手を破綻なくまとめて、違和感がありません。東博の所蔵なのに今までその存在を知りませんでした。嬉しい出会いです。

・両界曼荼羅図(京都・教王護国寺)
東寺の暗くて狭い宝物館でみるのとは全く違ってみえました。華々しいステージでパワー全開、きらきらして鮮やかで圧倒されます。これが9世紀の作なんて信じられません。当時これだけのものを造る技術があったという事実に、そして21世紀の現代まで1200年もその威力を失わずに伝えられてきた事実に、ただただひれ伏すしかありません。解説によると中国製という説もあるそうです。そうかもしれないな、と腑に落ちました。

十二天像(京都国立博物館)
この京博の十二天像はあまり良さがわかりません(以前の記事)。平安時代後期の1127年に描かれ、東寺(教王護国寺)での儀式に使われていました。当時の貴族好みの濃厚な耽美主義的作風といわれていて、贅は尽しているけれど、退廃的で気持ちが悪いのです。この十二天像をみると、この後、貴族社会が崩壊していくのも予感できるような気がします。世紀末的というか末法の世というか、ひとつの時代が終わっていくのを象徴しているような仏画です。

孔雀明王像(東京国立博物館)、十一面観音像(奈良国立博物館)
今回、出品された仏画13点のうち、国立博物館の所蔵するものが7点。明治の廃仏毀釈でお寺から放出され、国立博物館の所蔵となっている仏像や仏画は少なくありません。この2点の解説文にはその来歴が記されていました。孔雀明王像は「高野山→井上馨→原三渓→東博」、十一面観音像は「法起寺→井上馨→益田鈍翁→奈良博」と次々と所蔵者が変わっています。なんだか複雑な気持ちになりますね。お金で売買するようなものではないと思うけど、お寺を救ったのも事実だからなぁ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

天下を治めた絵師 狩野元信(サントリー美術館) [美術展]

狩野元信展.jpg
六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信
2017年9月16日(土)~11月5日(日)
サントリー美術館

二代目って徳川将軍家にしても、二代目社長や二世タレントにしても、あまりぱっとしないイメージです。狩野派も同じで二代目が元信であることも、その元信の代表作も思い浮かびませんでした。今回の展覧会ちらしのメインビジュアルに京都国立博物館の「禅ー心をかたちにー」展でお気に入りに登録した大仙院方丈障壁画の「四季花鳥図」が使われていて(そのときの記事)、“あー、あの襖絵を描いたのが二代目元信だったのね”と認識しました。

「四季花鳥図」(京都・大仙院)は俯瞰してみると堂々として荘厳なんだけど、近寄ってフォーカスすると鳥のかわいさがたまりません。大寺院の障壁画なのにほのぼのしちゃう。ちゃんと鳥の視線が行き交っていて、見つめ合ったりさえずり合ったり、まるで女子高生みたいに楽しそうです。「花鳥図屏風」(栃木県立博物館)の鳥も水浴びをしたり、花の蜜を食べていたり、うとうとと寝ていたり、いろんなポージングで癒されました。同じ鳥でも決して視線を交わさない他人行儀の伊藤若冲の鳥とは真逆。性格が絵にもでているんでしょうね。私の中の元信は好奇心旺盛でチームワークを大事にするコミュニケーション上手な二代目のイメージとなりました。

意外なところでは、一昨年、山梨県立博物館でお気に入りに登録した「富士曼荼羅図」(静岡・富士山本宮浅間大社)(そのときの記事)。“これも元信だったのか~”と嬉しい再会でした(実際は「元信印」なので真筆かは分からない)。名前を意識していなかったから気づけなかっただけで、実はかなりの元信好きなのかも。展示解説によると、元信は狩野派の漢画に土佐派のやまと絵を取り込んだそうですが、私が好きな元信は新しく取り入れたやまと絵の部分らしいです。漢画がオリジナルの山水図や仏画にはまったく反応しませんでした。ともあれ、二代目元信、しっかりと頭に刻み込みます。


狩野元信展 鳥1.jpg

狩野元信展 鳥2.jpg
「四季花鳥図」(京都・大仙院)


富士参詣曼荼羅.jpg
「富士曼荼羅図」(静岡・富士山本宮浅間大社)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シャガール 三次元の世界(東京ステーションギャラリー) [美術展]

シャガール 三次元の世界.jpg
シャガール 三次元の世界
2017年9月16日(土)~12月3日(日)
東京ステーションギャラリー

まだ若かりし20代の頃、私が最初に好きになった画家がシャガールです。それ以来、何度もシャガールの展覧会に足を運んできました。でもそこに展示されていたのは油絵か版画ばかり。立体作品を作っていたなんて全く知りませんでした。

シャガールの魅力はかわいらしさと不気味さがないまぜになった不思議な世界に遊ばせてくれること。もちろんそれは自由に描かれた絵画の方がダントツです。でも立体作品もやはりまがいもないシャガール世界。花束、山羊、ロバ、牛、鶏など、絵画に頻出するモチーフがそのまま壷やレリーフになっていて、シャガール好きにはたまりません。特に二次元では表現できない丸みやくぼみにはうっとり。ロバの壷のふっくらとした立ち姿はまるで女性の体のラインですし、男女が絡み合う大理石の彫刻からは幸せオーラが立ち上っています。「愛の画家」と呼ばれるシャガール、健全なエロティシズムを絵画以上に感じました。

シャガールの知らなかった一面を取り上げて見せてくれた展覧会。東京ステーションギャラリーはいつも新しい世界を垣間見せてくれる美術館です。今夏の「不染鉄」展でも素晴らしい日本人画家を知ることができました(そのときの記事)。2013年の「大野麥風」展も忘れられません(そのときの記事)。ここに来ると私の美術フィールドが確実にぐっと広がります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

中世宇都宮氏-頼朝・尊氏・秀吉を支えた名族-(栃木県立博物館) [美術展]

中世宇都宮氏.jpg
開館35周年記念特別企画展「中世宇都宮氏-頼朝・尊氏・秀吉を支えた名族-」
2017年9月16日(土)~10月30日(月)
栃木県立博物館

宇都宮氏にはなんの思い入れもなかったけれど、だからこそ驚きや気づきがたくさんありました。仏像や鎌倉仏教の知識が宇都宮氏と結びついて、“へぇ、そうだったの!”と好奇心が満たされる喜びを味わいつつ、これほどメモった展覧会はありません。メモの中からここに書き留めておきます。

・宇都宮氏と東大寺再興
三代宇都宮朝綱は1194年に源頼朝から南都焼き討ちで焼失した東大寺再興の助成を拝命し、大仏の左脇侍 観音菩薩像の改修を受け持ったそう。観音菩薩の制作担当仏師はなんと快慶と定覚!のっけから宇都宮氏に親近感です。この後、五代頼綱と七代景綱はこの観音に供する灯油料として水田を寄進していて、東大寺文書からこの寄進状が大仏殿の西壁に掲示されていたことが知られるんですって。今は失われてしまった慶派仏師の四天王や脇侍がずらりと並んだ当時のようすをリアルに妄想してしまいました。

・地蔵院(栃木県益子町)快慶風の菩薩像
地蔵院の前身は三代朝綱が開山した尾羽寺と伝えられます。快慶風の観音菩薩像と至勢菩薩像は東大寺再興のご縁で朝綱が快慶に依頼したとも考えられているお像だそう。う~ん、ちょっと快慶作とは違うような気がしますが、端正な美男子です。

・宇都宮氏と法然
藤原定家の選んだ百人一首が宇都宮氏から依頼されたことは知っていましたが、それが五代頼綱なんですね。歌人としても有名な頼綱は謀反の嫌疑を受けて出家し、蓮生(れんしょう)と号して法然の弟子になったそうです。法然の死後、上人の遺骸を運ぶ際には蓮生など関東御家人の念仏者が警備にあたそうで、ちらしにも使われている「法然上人絵伝 巻四二」(知恩院蔵、国宝)の一場面は、馬に乗った蓮生(頼綱)を先頭に法然の遺骸を運んでいるところ。「法然上人行状絵巻 巻二六」(當麻寺奥院、重文)には蓮生が往生をとげる場面が描かれています。そんな重要人物が宇都宮氏にいたとは、恥ずかしながら全く知りませんでした…。

・岩谷寺(茨城県笠間市)の薬師如来立像に再会
4月に笠間三観音を巡りました(そのときの記事)。その際、このお薬師さまにもお会いし、造立主の笠間時朝の名前と笠間氏が宇都宮氏の一族であることを知りました。笠間時朝は宇都宮氏五代頼綱(蓮生)の甥っ子です。この時に宇都宮氏にはかなり接近していたのですね。こんなに時をおかずしてお薬師さまに再会するとは思ってもいませんでしたが、遠からずこうやって宇都宮氏と知り合う運命だったのかも。時朝は京都蓮華王院(三十三間堂)に千手観音を寄進していたりして、信仰心の厚い人物だったよう。宇都宮氏の中では私の一押しです。


それにしてもよく全国からこれだけの資料を集めたものです。文書だけでなく仏像や絵巻まで、宇都宮氏ゆかりの国宝・重文が約70点、宇都宮でしか実現できない展覧会です。遠路、足を運んだかいがありました。一方で公式HPの情報が薄めだったり、講演会の申し込みが電話でしかできなかったりした点はちょっともったいない感じがしました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ほとけを支える-蓮華・霊獣・天部・邪鬼-(根津美術館) [美術展]

ほとけを支える.jpg
企画展 ほとけを支える-蓮華・霊獣・天部・邪鬼-
2017年9月14日(木)~10月22日(日)
根津美術館

とっつきにくかった曼荼羅とお近づきになれたのが根津美術館の曼荼羅展(そのときの記事)。目にも鮮やかな「金剛界八十一尊曼荼羅」(重要文化財)に再会しました。今回はほとけさまが座っていらっしゃる台座にスポットがあてられ、大きなパネルを使って詳しく解説されています。中央の大日如来は七頭の「獅子」が支える蓮華座に座っていらっしゃり、周囲の四尊の台座は阿閦如来は「象」、宝生如来は「馬」、阿弥陀如来は「孔雀」、不空成就如来は「迦楼羅」すべて動物なんですね。ふつうなら見落としてしまうような小さな一尊の台座にさえちゃんとルールがあって、描き分けられているなんて!恐るべき曼荼羅世界。みれば見るほどはまって、その前から動けなくなってしまいます。この「金剛界八十一尊曼荼羅」は滋賀の湖東三山のひとつ、金剛輪寺の灌頂堂に伝わったものだそう。最近復元され、お寺で特別公開されているようなので、ぜひ行ってみたいなぁ。

「金剛界八十一尊曼荼羅」(重要文化財)

かっこよさでは「降三世明王・大威徳明王」(重要美術品)の台座がダントツ。降三世明王を支えるシヴァの夫婦は“誰のおかげで立っていられると思ってるんだ!”って感じで、踏みつけられながらも誇り高い表情。大威徳明王の乗っている水牛はめずらしく憤怒の表情で口を大きく開けて怒っています。どちらもものすごく生き生きと明王を支えていて目を引きました。

五大尊像「降三世明王」  五大尊像「大威徳明王」

美しかったのは中尊寺の仏像の胎内に納められていた「大日如来坐像」(重要文化財)。平安時代の仏画とは思えないほど保存状態がよく、台座も華麗に彩られています。

「大日如来坐像」(重要文化財)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ボストン美術館の至宝展(東京都美術館) [美術展]

ボストン美術館の至宝展.jpg
ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション
2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)
東京都美術館

先週、千葉市美術館でボストン美術館所蔵の「鈴木春信展」に行ったので、2週連続でボストン美術館の展覧会です。東洋美術の優品を多数所蔵しているボストン美術館だから、徽宗、曽我蕭白からモネ、オキーフにいたるまでなんでもあり、頭がクラクラしてきました。

でもやっぱり心惹かれるのは日本美術です。特にこれまであまり見ることのなかった英一蝶、都会的で洗練されていてめちゃくちゃ上手でした。巨大な「涅槃図」の表情豊かな人物や動物はもちろんのこと「月次風俗図屏風」の躍動感もすごい。でもなぜか裸眼では分かりにくく(というか全く気が付かず)、単眼鏡で拡大するとまるで受ける印象が違って何倍も良く見えるのです。なんででしょうか。不思議です。

この「涅槃図」はもとは青松寺(港区愛宕)の塔頭吟窓院に寄進されたものをフェノロサがボストンに持ち込んだそう。もしそのまま青松寺にあったとしたら、関東大震災や空襲で消失してしまっただろうから、こうやって拝することもなかったかもしれません。美術品の海外流出も考えようによっては作品の保護につながっているんですね。

その他に、地味だけどかわいい野々村仁清「銹絵鳰型香合」やほのぼのと楽しそうな与謝蕪村の「柳堤渡水・丘辺行楽図屏風」などが印象に残っています。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信(千葉市美術館) [美術展]

ボストン美術館 鈴木春信展.jpg
ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信
2017年9月6日(水)~10月23日(月)
千葉市美術館

ボストン美術館から100点もの春信作品が日本に里帰り。鈴木春信は一番好きな浮世絵師なので至福の展覧会でした。錦絵の誕生のきっかけとなった「絵暦(えごよみ)」から始まり、古典や歌人から題材をとった「見立て絵」、日常のなんてことのない一場面を描いた風俗画までテーマはさまざま。でも初期から晩年までパステルカラーで彩られた中性的な人物描写は変わらず、ぶれない春信です。当時、全盛だった役者絵を描かなかったというのも、なにか信念があったのでしょうね。

そして、なにより「猫」を描いた作品が5点もあって嬉しくなってしまいました。炬燵(こたつ)の上でくつろいでいたり、紐にじゃれついていたり、ねこメインではないけれど、ねこ好きにしか描けない一場面です。猫を擬人化した歌川国芳もいいけれど、自然な姿の春信のネコも好ましく、ますます春信のお株があがってしまいました。

春信作品は8割以上が海外にあるそうで、日本ではなかなか一度にたくさんの作品をまとめてみる機会がありません。今回ほぼすべてが初見の作品でしたが、どの1枚をとってみても春信ワールド全開で期待を裏切るものがひとつもありませんでした。春信ファンの私にとっては今年のベスト3に入る展覧会。作品の保存状態も素晴らしく、春信ならではの中間色をそのままに残してきたボストン美術館に感謝です。


炬燵で向き合う男女 鈴木春信.jpg
「水仙花」炬燵で向き合う男女 鈴木春信
若衆の足の裏をくすぐる娘…薄目を開けてるネコ


見立八橋 鈴木春信.jpg
八ッ橋の男女(見立八橋) 鈴木春信
伊勢物語の恋の聖地のふたり。右足の靴ひもがほどけるのは両想いがかなう前兆。


見立玉虫 屋島の合戦 鈴木春信.jpg
見立玉虫 屋島の合戦 鈴木春信
右側には恋文を結んだ弓を持つ若衆。娘の心を射止められるか?
(ボストン美術館にしかない1枚)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

東京国立博物館の総合文化展(2017年9月) [美術展]

東京国立博物館の総合文化展(2017年9月)で撮影した写真です。

運慶の後継者たち―康円と善派を中心に
2017年8月29日(火)~12月3日(日)
特別展「運慶」の関連展示。

文殊菩薩坐像 康円作.jpg
文殊菩薩坐像 康円作(重要文化財 興福寺伝来 鎌倉時代)
きりりと賢そうな文殊様。頭上の3体のほとけさまがかわいい。康円は運慶の孫と伝えるそうです。

愛染明王坐像 康円作.jpg
愛染明王坐像 康円作(重要文化財 神護寺蔵 鎌倉時代)
康円って真面目な人だったのかも。迫力はあるけど、あそびが少ないような気がします。世田谷観音寺の不動・八大童子像が康円作だそうなので、見に行きたい(毎月28日開扉)。


国宝 一遍聖絵 巻第七
2017年8月29日(火)~9月24日(日)

一遍聖絵 巻第七(1).jpg
カッコよくて大人気の一遍上人。ロックスターのライブみたいです。


一遍聖絵 巻第七(2).jpg
トリップ感のトリップってもともとは旅行のトリップからきているんだそうです。旅に生きた一遍上人とそのメンバーたち、文字通りトリップしてます。


一遍聖絵 巻第七(3).jpg
店先に犬が集まっています。美味しいものでも売っているお店なのかしら。真ん中にいる丸っこいのはネコ?


総合文化展

遊行上人縁起絵巻 乙巻.jpg
遊行上人縁起絵巻 乙巻(重要文化財 鎌倉時代)
同じ一遍上人の踊念仏を描いた場面でも、こちらはグルーブ感が全くでていません。これをみると国宝「一遍聖絵」(↑)がいかに素晴らしいかが分かりますね。


獅子螺鈿鞍.jpg
獅子螺鈿鞍(ししらでんくら)(重要文化財 平安~鎌倉時代)
動物モチーフはついつい写真を撮ってしまいます。やけに立派な獅子の歯。獅子舞の歯みたい。


老子出関図  岩佐又兵衛筆.jpg
老子出関図(岩佐又兵衛)
これ「旧金谷屏風」(六曲一双12図)の1図でなんですって。そうとは知らずに撮影。動物モチーフだったので。


伊勢物語 鳥の子図 岩佐又兵衛筆.jpg
伊勢物語 鳥の子図(岩佐又兵衛)
これも「旧金谷屏風」(六曲一双12図)の1図とは知らなかった…。伊勢物語の第50段にある和歌「ゆく水に数かくよりもはかなきは思はぬ人をおもふなりけり(流れていく水に数字を書くよりもはかないのは、思ってくれない人を思うことです)」が描かれています。袖下からぬっと出ている左手が不気味。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

館蔵 秋の優品展 大般若経と禅宗(五島美術館) [美術展]

大般若経と禅宗.jpg
館蔵 秋の優品展 大般若経と禅宗
2017年8月26日(土)〜10月15日(日)
五島美術館

文字ばかりの本より漫画の方が親しみやすいのと同じように、経典や墨蹟より絵画(図像)の方が楽しいです。現代の本なら読むことができるけれど、古文書は読むことも意味をとることも難しい。お経といえども読めなければありがたみも半減です。その点、絵は分かりやすい。古写経の展覧会ですが、数少ない仏画に目が行ってしまいました。

というのも「玄証本」のグロテスクでかっこいい白描四天王図像に一目惚れ。玄証は数多くの白描図像を収集・書写した平安時代末期から鎌倉時代の絵仏師だそう。この玄証さん、現代に生まれていたら大人気の少年漫画家になっていたと思います。黒の線描だから漫画っぽいし、チャーミングな袖口の象や邪鬼なんて仏画の枠を越えています。

玄証本の白描図は高山寺月上院に伝えられてきたので「高野山」の印が押されているそうです(そういえばこの印、見覚えがある)。「玄証」の署名でその名が知られていますが、「玄証本」とされていても玄証の自筆本を模写したものも含まれているんですって。五島美術館所蔵の3点は玄証の自筆本とみなされているみたいですが、それにしてもこの時代に自分の名前を図中に記すってなかなかないことです。

玄証の活躍した鎌倉時代前期は仏師の運慶や快慶とも重なっていて、それぞれ自分の生み出した新しい時代の仏像や仏画に思い入れや自負があったのかもしれません。その後、運慶や快慶が彫刻した仏像でなくてもその作として伝わったのと同じように、仏画でも玄証の名前を付した作品が珍重されたのでしょう。リアルでカッコいい慶派仏師の仏像とも通じる玄証の仏画。いつか「玄証展」なんてあるといいなぁ。


白描四天王像.jpg
白描四天王図像 玄証本(重要文化財 )


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

特別展 月岡芳年 妖怪百物語 月百姿(太田記念美術館) [美術展]

月岡芳年 妖怪百物語.jpg月岡芳年 月百姿.jpg
特別展 月岡芳年 妖怪百物語
2017年7月29日(土)~8月27日(日)
特別展 月岡芳年 月百姿
2017年9月1日(金)~9月24日(日)
太田記念美術館

芳年のシリーズ物「和漢百物語」「新形三十六怪撰」「月百姿」が全点公開。1枚だけでも強烈な印象を受けるのに(そのときの記事1記事2)、200点もの芳年シャワーをあびたらどんなことになるのでしょう。それも風景画や役者絵は1枚もなく、妖怪や幽霊、怪奇現象、この世に心を残して亡くなった人物など現実ではないスピリチュアルな世界ばかり。”あー、だからこそ私は芳年に惹かれてきたんだなぁ”と納得しました。

1枚だと不思議な怖さを感じさせる芳年もここまで並んでいるとリミッターがはずれ、心を乱すこともなくかえって冷静に鑑賞。描かれている妖怪や人物が芳年オリジナルではなく「伊勢物語」や「源氏物語」などからの引用なのだと気が付きました。それって明治時代の庶民は古典のエピソードを常識として普通に知っていたってことです。それなのに私は解説文を読まないと何が描かれているのかわからない…。原典を知っていたらもっと芳年の世界を楽しめるのに…。今になって学生のときに勉強しておけばよかったと思うのですが、若いときは別のことが楽しいんですよね。

逆に美術鑑賞をするようになって、古典を学ぶことが多いです。例えば「平家物語」の大物浦(だいもつのうら)。前田青邨の「知盛幻生」でそのエピソードを知りました(そのときの記事)。芳年の「月百姿」にも「大物浦上月 弁慶」があります。大波に飲まれる寸前の弁慶の達観したような姿が美しい。こうやって1点1点が繋がっていくのが美術鑑賞の醍醐味かもしれません。


月岡芳年 大物海上月.jpg
「つきの百姿 大物海上月 弁慶」 月岡芳年



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:アート