So-net無料ブログ作成

水 神秘のかたち(サントリー美術館) [美術展]

水展.jpg
2015年12月16日(水)~2016年2月7日(日)
サントリー美術館

今では蛇口をひねれば難なく出てくる水。使いたい放題で有難味もなにもありません。でも、水がなかったら、それこそ生きていけません。今は薄れがちですが、「水」が昔の人にとっていかに神秘的で貴重なものであったかに気が付かされました。

ひとところにとどまらず、どんな形にもなる「水」だけあって、その信仰の形も七変化。お水取り、龍神、龍王、弁財天、灌頂、長谷寺式十一面観音、蓬莱山など、さまざまな角度から信仰の対象としての「水」にスポットがあてられています。水にかかわる聖地も清水寺、石清水八幡宮、竹生島、江ノ島、住吉大社、厳島神社など、枚挙にいとまなく、屏風や絵巻に描かれています。「水」を糸口にこんな幅広い展示が構成できることに驚きました。印象に残った出品作をあげておきます。


「日月山水図屏風」(重文、大阪・金剛寺)
日月山水図.jpg
人気のやまと絵屏風の実物をようやくみることができました。不思議でキッチュといいたいようなデザインなのに、右隻の木が一本一本それぞれリアルに描き分けられているのに目が留まりました。私には桜と松と杉ぐらいしか見分けられないけれど、もっとたくさんの樹種が描かれています。都に住む絵師ではなく、山の木々に通じた修行僧が描いたのかしら。

「善女龍王像」(国宝、和歌山・金剛峯寺)
善女なのに男神像。堂々とした偉そうなオジサンです。オジサンだけど、龍のしっぽが裾からチラッと見えていて、かわいいな。空海が祈雨の修法を行ったとき、この龍王が現れたんですって。

「俱利伽羅龍剣」(重文、和歌山・龍光院)
剣を刃先から呑み込もうとする龍の姿がおぞましい。映画のエイリアンにそっくりで、悪夢に出てきそう。

「日吉山王祇園祭礼図屏風」(サントリー美術館)
今回の展覧会のマイベスト。左隻は祇園祭、右隻に日吉山王祭に集うたくさんの人物が描かれています。お祭りが楽しみでしょうがないといった様子で、家々から三々五々走り集まってくる市中の人々。とても生き生きとしていて、こっちまでウキウキしてきます。犬や猿や猫がさりげなく紛れ込んで描かれているのも楽しい。「俱利伽羅龍剣」のエイリアンで恐怖にかられていた心を緩めてくれました。

タグ:国宝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

シカゴウェストンコレクション 肉筆浮世絵-美の競艶 浮世絵師が描いた江戸美人100選(上野の森美術館) [美術展]

肉筆浮世絵.jpg
2015年11月20日(金)〜1月17日(日)
上野の森美術館

シカゴの銀行家で日本美術収集家のロジャー・ウェストン氏が収集した肉筆浮世絵の展覧会。肉筆だから“1点物の貴重な美人画”という触れ込みですが、美人の基準が移り変わっていて、それほど美しいとは思えません。途中から顔よりもファッションに注目することにしました。

そうしてみると、着物の細かい柄まで手抜きせず描かれていて、顔よりもよっぽど手がかかっていそうです。コーディネートは今ではタブーの「柄 on 柄」のオンパレードでなかなか難易度が高い。柄も、鯉、龍、閻魔様や七福神までなんでもありです。“素敵だな”と思った着こなしは、勝川春潮の「娘と送り図」。娘さんの赤の桜文の着物はもちろん、お母さん(付き人?)のシックな装いが素敵です。

奇抜な柄だけでなく、松葉文や矢羽根文、千鳥文など、今でも洋服の模様に取り入れたらいいのに、と思うようなかわいい柄もたくさんあって、江戸時代は美人よりも模様の方が現代に通用しそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

金銀の系譜~宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界~ [美術展]

金銀の系譜.jpg
2015年10月31日(土)~2015年12月23日(水・祝)
静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館がリニューアルオープン。琳派作品を中心に至宝が勢ぞろいです。

曜変天目(稲葉天目)は富士山がくっきり眺められる光あふれるラウンジでの展示。以前、うす暗い展示室でみた「青」はおどろおどろしい鬼火のようでしたが、自然光の元ではその怪しさも少し薄まり、斑紋が猫の足跡のようにかわいらしくもみえました。それでも神秘的な青に変わりはなく、近づきがたい茶碗です。

野々村仁清「色絵吉野山図茶壺」は吉野の夜桜の意匠。桜の花びら模様が可憐。シックなのに華やかです。そういえば、仁清のダメな作品って見たことありません。平均点が高く安定しています。

逆に平均点は高いけど、バラツキが大きいのが俵屋宗達。ときどき、なにこれ?っていう作品がありますが、国宝「源氏物語関屋・澪標図屏風」もそんな作品。人物は子供が描いた素朴絵みたいだし(なにかお手本があるのでしょうか)、構図も画面がゆがんでいるようです。この訳のわからなさは尾形光琳にも感じるので、理解するには宗達メガネみたいなものが必要なのでしょう。

それに比べると、酒井抱一はわかりやすい。抱一にしては筆致の激しい「波図屏風」も構図はとても自然。屏風が折れ曲がったときにも線がつながるような計算がしてあったりして、理詰めだからすっと入ってくるのです。


タグ:国宝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート