So-net無料ブログ作成

能楽鑑賞「清経」(国立能楽堂) [古典芸能]

国立能楽堂 5月.jpg
5月普及公演 呼声・清経
国立能楽堂

今年の目標の古典芸能鑑賞。文楽、歌舞伎に引き続いて第3段の「能楽」です(文楽鑑賞の記事歌舞伎鑑賞の記事)。今回も「平家物語」に題をとった「清経」にしてみました。前日、白洲正子の「謡曲 平家物語」を読んで予習。「清経」は世阿弥の作と伝えられ、平家物語のほんの短い挿話を下敷きにこの能を作曲したそうです。平清経は重盛の三男、都落ちして早々、源氏と戦う前に将来を絶望して入水しました。死んだ清経と都に残された妻とやりとりの一曲です。

国立能楽堂の普及公演では公演に先立って、解説・能楽あんないがあり、大学の先生が見どころを解説してくれました。白洲正子の本の内容と重なるところも多く、準備は万端です。狂言「呼声」で大笑いして、いよいよ「清経」のお能が始まりました。あらすじも頭に入っているし、座席前の液晶画面には能の歌詞も表示されるし、集中して鑑賞していたつもりが…。いつの間にかぐっすりと寝入っていました。はぁ、もったいない。決して退屈だったわけではないのですが、夢幻能というだけあって、眠りに誘うリズムがあるようです。

なんだかどこに注目すればよいのかよくわからなかったというのが率直な感想です。ちゃんと観ていないので感想も何もないのですが、お能ってストーリーを追う「劇」というより、世界観を感じる「儀式」なのかもしれません。



謡曲平家物語 (講談社文芸文庫)

謡曲平家物語 (講談社文芸文庫)

  • 作者: 白洲 正子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/02/10
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0