So-net無料ブログ作成
検索選択

雪村-奇想の誕生-(東京藝術大学大学美術館) [美術展]

雪村 奇想の誕生.jpg
雪村-奇想の誕生-
2017年3月28日(火)~5月21日(日)
東京藝術大学大学美術館

雪村についてなんの知識も期待もなかったのが良かったのだと思います。久しぶりに純粋に「絵」をみる楽しみを味わいました。最近、頭でっかちになって、モチーフの意味や形式にばかり目が向いていましたが、雪村の自由な絵に解放されました。なにより、雪村自身が描くことを楽しんでいます。若冲や蕭白の「奇想」は狙っている感じがするけれど、雪村は自然にわきでてくるナチュラルな「奇想」です。

例えば「鍾馗図」といえば、刀をもったイカツイおじさんの絵が一般的なイメージ。先日の河鍋暁斎展でも見ましたが、とっつきにくくて素通りでした。でも、雪村の「鍾馗図」は一味も二味も違っています。鍾馗が虎を退治している場面なのに、猫が飼い主とじゃれて遊んでいるようにしか見えません。純粋にかわいくて癒されます。


雪村 鍾馗図.jpg
雪村「鍾馗図」


「琴高仙人・群仙図」(重要文化財、京都国立博物館)のような漫画的な絵に目がいきがちですが、「四季山水図屏風」(郡山市立美術館)のような普通の屏風絵も風景の広がりや雄大さが感じられて、ちゃんと力量を持っていることがわかります。

尾形光琳や岡倉天心といった目利きにも高く評価されていたそうですが、あまり注目されてこなかったのは、中央画壇の正統を継ぐ絵師ではなかったからなのかな。でも京都ではなく、東国で自由に描いていたからこそ、こんなにも清々しい気持ちにしてくれるのだと思います。今回は期間外で実物はみていないのですが、「自画像」(大和文華館蔵、重要文化財)の味わい深さったらないです。今回が初対面の雪村でしたが、これからはちゃんと要チェックしていきたいな。


雪村 自画像.jpg
雪村「自画像」
(大和文華館蔵、重要文化財)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0