So-net無料ブログ作成
検索選択

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術(東京国立近代美術館) [美術展]

茶碗の中の宇宙.jpg
茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術
2017年3月14日(火)~5月21日(日)
東京国立近代美術館

楽焼の茶碗を作る樂家。安土桃山時代の初代・長次郎から現代の15代までの楽焼が出品されていました。茶道には縁遠く、楽焼=黒い茶碗ぐらいのイメージでしたが、赤い赤楽もあるし、同じ黒い茶碗でも代による個性があることを知りました。まあ、素人には見分けがつかず、どれも同じに見えてしまいましたが…。展示ケースに収まった地味な器にちょっと退屈でした。

ところが、当代の15代樂吉左衛門の作品が並んだ展示室に入って、言葉を失いました。ぶっ飛んでて、もうロックです。伝統に裏打ちされているからこそできる冒険なのかな。なんだか見てはいけないものを見てしまったような気がしないでもない。素人には窺い知れない世界です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0