So-net無料ブログ作成

開館120周年記念特別展覧会 海北友松(京都国立博物館) [美術展]

海北友松.jpg
開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)
2017年4月11日(火)~5月21日(日)
京都国立博物館

名前は聞いたことがあっても、代表作も思い浮かばないし、有名な絵師ではないと思います。でも京博のマイナー路線といえば「狩野山楽・山雪展」が忘れられません。2013年だからもう4年前か…。早いなぁ。(そのときの記事

そして、2017年の海北友松。うーん、評判はいいようですが、私はあんまりでした。どうも友松のキャラクターが好きになれません。武士出身というプライドがぷんぷん臭うし、「海北友松夫妻像」に孫の友竹が記した賛文も武士出身だとか春日局と仲がいいとか自慢話ばっかり。なんだかなぁ…。

友松作と知れる作品は狩野派を60歳で飛び出した後、83歳でその生涯を終えるまでの晩年のものがほとんど。狩野永徳が亡くなったのが独立のきっかけのようですが、意地悪な見方をすると、それまで狩野派の名前で繋がっていたお客さんを独立して持っていってしまったようにも見えます。まあ、狩野派の様式では納まりきらないものがあるし、長生きして自由になっていくのも分かりますが、なんとなくいけ好かない。

それに、京博もちょっと調子に乗っていて、解説文が上滑ってました。こっちは全く知らないのに「よくご存じのように友松は…」とかあって、気がそがれます。照明に凝りに凝った雲龍図の展示室もあそこまでしなくても…、狙い過ぎでしょう。まあ、今まで京博では散々な目にあっているので、評価はどうしても辛くなってしまうのでした(関連記事1)(関連記事2)(関連記事3)。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0