So-net無料ブログ作成

絵巻マニア列伝(サントリー美術館) [美術展]

絵巻マニア列伝.jpg
六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝
2017年3月29日(水)~5月14日(日)
サントリー美術館

展覧会でピックアップされた絵巻マニアは6組。後白河院を筆頭にそれぞれのマニアぶりが紹介されます。作品としての「絵巻物」ではなく、絵巻物を愛した「人とエピソード」に焦点をあてているのが面白かったです。

特に気になったマニアは三条西実隆(さんじょうにしさねたか、1455-1537)。ちょうどドナルド・キーン先生の「日本文学の歴史 古代・中世編6」を読んでいて、実隆のことを知ったばかりだったのです。もちろん絵巻マニアとしてではなく、戦時にもかかわらず古典研究に打ち込み、知識人の尊敬を集めていた人物として紹介されていました。はっきりとものを書くキーン先生が褒めているのでなかなかの好印象です。

その実隆がチーフプロデューサーの役割を担ったのが「桑実寺縁起絵巻」(滋賀・桑實寺蔵、重文)。桑実寺は滋賀県近江八幡市にある天台宗の寺院。以前、西国巡礼を巡った際、32番札所 観音正寺からの帰路に訪れたことがあり、余計にご縁を感じてしまいました。絵巻に描かれている境内の建物の配置は今もほぼそのままだと思います。特に壮麗でも壮大でもなく、ごく普通のお寺という印象でした。

それが今回、解説で知ったのですが、桑実寺は1532年に室町幕府12代将軍足利義晴が仮幕府を設置した場所だそうです。その義晴が発願して奉納したのが「桑実寺縁起絵巻」。京都に幕府を置くことができないような非常時に、安定した世の中への祈りを込めて作られた絵巻なんですね。「日本文学の歴史」では当時の皇族や貴族の困窮ぶりに言及しているし、おそらく絵巻を愉しむような余裕はなかったんじゃないかしら。マニアというとお金持ちの道楽みたいですが、三条西実隆の場合は真摯な仕事の一環だったと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0