So-net無料ブログ作成
検索選択

ミュシャ展(国立新美術館) [美術展]

ミュシャ展.jpg
国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業 ミュシャ展
2017年3月8日(水)~6月5日(月)
国立新美術館

倉庫のような大きな展示空間に、天井まで届く大きな絵。ミュシャの「スラヴ叙事詩」全20点。大きなものは縦6m×横8m。圧巻です。大迫力です。鑑賞というより体感。なんだか自分の世界が広がっていくような感覚がしました。

ミュシャといえば乙女チックなポスターイメージ、正直、美術館で鑑賞するような作品じゃないと思っていました。関心もなく、チェコ出身ということも、スラヴ叙事詩という作品も全く知りませんでした。展覧会のちらしでミュシャの超大作が日本に来ることを知って、その大作がいわゆるアール・ヌーボーとは全然違って幻想的なのに描写がリアルで、なんだかすごい作品らしいということを感じました。

その「なんだかすごい」が実際にどうすごいのかは、NHKのTV番組「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 ~パリ・プラハ 二都物語~」をみて知りました。ミュシャは晩年、故郷に戻って17年をかけてスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を描いた「スラヴ叙事詩」20点を描いたそうです。スラブの歴史なんてなんにも思い浮かびませんが、これは音声ガイドが役に立ちました。音声ガイドって鑑賞に集中できなくなるのでめったに借りませんが、この「ミュシャ展」には必須アイテム。1作品ごとに絵に描かれているる歴史上の出来事を解説してくれました。

見進めるごとに、遠い世界だったスラヴ民族の歴史が頭の中に乱入してきて呑み込まれそう。ミュシャがここまでして伝えたかったこととはなんだったのか、あまりにも大きいテーマを投げかけられたような気がします。


スラヴ叙事詩1.jpg


スラヴ叙事詩2.jpg


スラヴ叙事詩3.jpg


スラヴ叙事詩4.jpg



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0