So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

運慶-鎌倉幕府と霊験伝説-(神奈川県立金沢文庫) [美術展]

金沢文庫 運慶展.JPG
運慶-鎌倉幕府と霊験伝説-
2018年1月13日(土)~3月11日(日)
神奈川県立金沢文庫

昨秋に東京国立博物館で開催された運慶展は運慶の代表作が勢ぞろいし、質量とも圧倒的でした。一方、金沢文庫の運慶展の運慶作はたった3点。予算も人もかけ方が違うのだから、かないっこありません。でも代表作をなぞるだけでは物足りない私のような仏像好きには、運慶仏を深く考えることができる充実の運慶展でした。

まずは、瀬谷先生(金沢文庫の学芸員)の月例講座「運慶と鎌倉幕府」に参加。運慶の本当の代表作の多くは今は失われてしまっていることを知りました。瀬谷先生は運慶の幻の三大代表作を東大寺大仏殿諸像(1567年の兵火で焼失)、東寺南大門金剛力士像(1968年の火事で焼失)、鎌倉大倉薬師堂十二神将像(たびたびの火事で焼失)とし、運慶作品の全像を考えるには消失作品を無視できないとのお話し。さらに源頼朝が平泉の毛越寺を模して鎌倉に建立した永福寺(二階堂を中心に薬師堂、阿弥陀堂などを備えた壮大な寺院。1405年に焼失後に廃絶)に運慶の最大の作品群があったのではないか、と推察されています。まるで推理小説みたいに刺激的。今は失われてしまった運慶作品に思いをはせつつ、運慶ゆかりの仏像と対面しました。


重文 十二神将立像(神奈川・曹源寺、鎌倉時代)
たまに東京国立博物館の常設展で展示されていて顔なじみのお像ですが、永福寺薬師堂の1/2の模刻像なのだそう。
十二神将立像 曹源寺.jpg


金剛力士立像(個人蔵、江戸時代)
仏師の西村公朝氏が偶然に京都で見付けて購入したという30㎝ほどの金剛力士立像。七条仏師が東寺南大門の金剛力士像をひな形として作成したものらしいです。

厨子入薬師如来坐像及び両脇侍立像・十二神将立像・四天王立像(神奈川・宝生寺、鎌倉時代)
16cmの小さなお厨子に19体もの精巧なミニチュア像が所狭しと収まっています。十二神将は大倉薬師堂の形式、四天王は東大寺大仏殿の形式だというから、幻の三大代表作の2つがひとつの厨子に収まっていることになります。明治維新までは鶴岡八幡宮に伝わる霊宝だったらしく、運慶と鎌倉の関わりを考える上でも貴重な作品。


今回の展覧会にはよく知られている大型の運慶作品は出品されていません。それでも今はない幻の代表作を想像させられるような仏像が選抜出品されていて、作品を見ずして天才運慶のすごさを感じられます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

墨と金 狩野派の絵画(根津美術館) [美術展]

墨と金.JPG
墨と金 狩野派の絵画
2018年1月10日(水)~2月12日(月・祝)
根津美術館

根津美術館が所蔵する狩野派絵画の展覧会。コレクション展だから超有名な作品はないけれど、だからこそ日常使いの筆さばきで絵師の個性があらわれている気がします。

目がとまったのはやっぱりお気に入りの狩野派絵師ツートップ、狩野尚信と狩野山雪。この2人は対照的な画風ですが、今まで同時に2人の作品をみたことはないと思います(関連記事)。狩野尚信の「山水花鳥図屏風」は余白が多くて何が書いてあるのかよく分からない。ほとんど抽象画。一方、狩野山雪の「藤原惺窩閑居図」は1つ1つのモチーフをこれでもかってほど明確に描き込んでいます。尚信の絵には直線はなく、山雪は定規で引いたみたいな正確さで直線を描いています。同じ狩野派を名乗っていいのか?と思うほど個性全開な尚信と山雪。ますます好きになりました。

今回のNo1はなんといっても狩野山雪の「梟鶏図」。山雪の絵は偏執的な描写にこちらの気持ちまで不安定にさせられるのが常なのに、この「梟鶏図」はめずらしくほのぼの系です。とぼけた梟と意地悪そうな鶏が向き合っておしゃべりしているみたい。それもかなりブラックな相談事です。悪だくみを考える鶏に入れ知恵する梟といったところでしょうか。絵本になりそうな1枚です。

梟鶏図.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

初春歌舞伎公演「通し狂言 世界花小栗判官」(国立劇場) [古典芸能]

小栗判官.JPG
初春歌舞伎公演「通し狂言 世界花小栗判官」
2018年1月3日(水)~1月27日(土)
国立劇場

小栗判官(おぐりはんがん)と照手姫(てるてひめ)の物語を知ったのは、岩佐又兵衛の「小栗判官絵巻」。ヒーロー(小栗判官)が大活躍し、そのピンチにはヒロイン(照手姫)がけなげに支える、まさにエンタメ絵巻なのですが、笑っちゃうぐらい荒唐無稽なエピソードがてんこ盛り。愉快、痛快な絵巻でした(そのときの記事)。中世以降に説経節や浄瑠璃に取り込まれ、大流行したというのもわかります。今回、国立劇場の初春公演で歌舞伎の「世界花小栗判官」がかかると知って、これは外せないと見に行きました。

そうしたら、オリジナルのストーリーがすごく不自然に改変されていてびっくり。歌舞伎にはいろいろな約束事があるそうで、絵巻にはない「家宝探し」やヒロイン照手姫とライバルお駒の「三角関係」を中心に話が進んでいくのです。オリジナルから取り入れられているのは「小栗判官の荒馬の曲馬乗りの場面」と「照手姫が動けなくなった小栗判官を乗せた車を引く場面」ぐらい。絵巻でのクライマックス場面を歌舞伎の定番ストーリーに組み込んだのが歌舞伎版の小栗判官なんですね。いいところ取りともいえるけれど、あの絵巻のハチャメチャ感はすっかり失われていました…。さらに、原作は荒唐無稽ながら小栗判官と照手姫の純愛が胸を打つのですが、歌舞伎は三角関係のせいで台無しです…。

又兵衛の絵巻のイメージが強すぎて、どうも見方が辛めになってしまいましたが、小栗判官とは別物だと思えば、役者さんたちはさすがに達者だったし(特に中村梅枝さん、片岡亀蔵さんがよかったです)、舞台演出も華やかだったし、最後はお正月らしく手ぬぐい投げがあったりして、なかなか楽しい歌舞伎鑑賞でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

北斎とジャポニスムーHOKUSAIが西洋に与えた衝撃(国立西洋美術館) [美術展]

北斎とジャポニズム.JPG
北斎とジャポニスムーHOKUSAIが西洋に与えた衝撃
2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)
国立西洋美術館

「へぇ、こんなところに北斎!」と、推理小説の証拠集めみたいに吃驚しながら鑑賞しました。ドガの踊り子は北斎漫画の相撲取りと同じポーズ。まさか相撲取りがバレリーナに化けるなんて思わないから、よく見つけたものだと感心します。セザンヌのサント・ヴィクトワール山は大好きな絵だけれども、今まで北斎の富嶽三十六景と重ねてみたことなんてありません。でも言われてみれば、サント・ヴィクトワール山って富士山とそっくりです(いつか実物を見てみたい)。目から鱗でした。いや、並べてみても「ホントかな」と疑ってしまうような例もあったりしましたが、それでも浮世絵が想像以上に西洋画家、特に印象派に大きな影響を与えていたことを実感できました。逆に言えば、日本人が印象派を大好きなのも当たり前ってことですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

年の初めに日向薬師へ [寺・神社]


日向薬師本堂.JPG

年の初めに日向薬師(神奈川県伊勢原市)のご開帳に行きました。ご本尊は平安時代前期に作られた鉈彫り(なたぼり)の薬師三尊像。秘仏なので年に3回(正月3カ日、1月8日、4月15日)のご開帳です。金沢文庫の展覧会でお会いして、いつかはお寺に行きたいと思っていました(そのときの記事)。小田急伊勢原駅からバスで20分、景色はすっかりのどかな山里です。源頼朝や北条政子も鎌倉から参詣したと伝えられますが、馬や籠に乗ってきたのかしら…。明治の廃仏毀釈までは日向山霊山寺と称し、大寺院だったそう。近くには大友皇子のお墓と伝えられる場所もあります。

日向薬師参道.JPG

バス停近くの山門から本堂まではうっそうとした森の中を15分ほど登ります。ご本尊の薬師三尊像は宝物館にいらっしゃり、その他に阿弥陀如来や四天王、十二神将など20体以上の仏像が収められています。左右にお祭りされている鎌倉期の阿弥陀如来坐像と薬師如来坐像は2メートル以上の大作。ここが修験の中心だったことを想像させました。ただ、残念なことにお会いしたかったご本尊の薬師三尊像には近寄れる状況ではありませんでした。というのも、宝物館の中には椅子がずらりと並べられ、ご住職が参拝客に着席をうながしながら説法を続けています。会場は満席、説法は全く終わる気配がありません。ご本尊はほとんど注目もされず、拝まれることもなく、宝物館の上座にひっそりと納まっていらっしゃいました…。ご開帳というよりご住職の説法会といった様相です。

モヤモヤした気持ちでお寺を後にし、帰りは七沢温泉方面に山を下りました。日帰り入浴で温泉につかり、「ZUND-BAR」の行列に並んでAFURIのラーメンを食べて帰路につきました。

AFURI.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

博物館に初もうで(2018年1月、東京国立博物館) [美術展]

博物館に初もうで.JPG
2018年1月2日(火)~1月28日(日)
東京国立博物館

毎年恒例の「博物館に初もうで」。今年は戌年だからかわいい犬の作品がたくさんありました。猫派の私としてはいつか猫特集もしてほしいなぁ。まずは、お正月らしく梅の花から。200年の時を超えて響き合う仁清と香山。梅の香りがただよってきそうです。


色絵月梅図茶壺.jpg
重文「色絵月梅図茶壺」(仁清、江戸時代・17世紀)


黄釉銹絵梅樹図大瓶.jpg
重文「黄釉銹絵梅樹図大瓶」(初代宮川香山、明治25(1892)年)


次は、平安時代の仏教美術。

釈迦金棺出現図3.jpg

釈迦金棺出現図1.jpg

釈迦金棺出現図2.jpg
国宝「釈迦金棺出現図」(平安時代・11世紀、京都国立博物館)
秋に京博の国宝展で拝したばかりなのに、こんなに間を開けずに再会できるとは!おまけに写真撮影までOKなんて、お正月から太っ腹、嬉しい限りです。よみがえったお釈迦様、おめでたい。京都の天台宗長法寺に伝来し、第二次大戦後に松永安左エ門氏が入手、氏の没後、国に寄贈されたそうです。


不動明王像(甚目寺).jpg
重文「不動明王像」(平安時代・12世紀、愛知・甚目寺)
不動明王なのにとっても優美です。截金文様が良く残っています。


十六善神図像(玄証筆)1.jpg

十六善神図像(玄証筆)2.jpg
「十六善神図像」(玄証筆、平安時代・1179年、松永安左エ門氏寄贈)
私の大好きな玄証さんが描いた白描画です(関連記事)。強面だけど愛嬌のあるかわいいお顔。これも国宝の「釈迦金棺出現図」と同じく松永安左エ門氏の寄贈なんですね。


動物編

蓬莱山蒔絵袈裟箱.jpg
重文「蓬莱山蒔絵袈裟箱」(法隆寺献納宝物、平安時代・12世紀)
蓬莱山を背負った大亀と空を飛ぶ松喰鶴。おめでたい。


朝顔狗子図杉戸1.jpg
「朝顔狗子図杉戸」(円山応挙、江戸時代・1784年)
やっぱり応挙のわんこはかわいい。


犬を戯らす母子(鈴木春信).jpg
「犬を戯らす母子」(鈴木春信筆、江戸時代・18世紀)
これ犬かなぁ…。黒ネコにも見えない?


鳥獣戯画模本.jpg
「鳥獣戯画模本(甲巻)」(山崎董詮模写、明治時代・19世紀)
ネコもいた!


鼠志野鶺鴒文鉢.jpg
重文「鼠志野鶺鴒文鉢」(美濃、安土桃山~江戸時代・16~17世紀)
ネコといえば、ネズミ!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

2017年の総まとめ [美術展]

2017年もたくさんの美術展に足を運び、社寺をめぐることができました。印象に残っている事柄をまとめておきます。

・展覧会
春に奈良国立博物館で「快慶展」、秋に東京国立博物で「運慶展」がありました。天上の高みを目指した2人の仏師。至福というより息苦しくなる展示空間でした。天才運慶は仏を半ば強引に人間界に現出させようとし、完璧主義の快慶は見ている私たちを天上界に導こうとしているようにみえました。

サントリー美術館の「絵巻マニア列伝」は、絵巻物そのものでなく、絵巻物を愛した「人とエピソード」に焦点をあてているのが面白かったです。今に伝わるのは「もの」だけですが、文化を作っていくのはマニアと呼ばれる「ひと」なんですね。

マニアつながりで、なかなかマニアックな
中世宇都宮氏-頼朝・尊氏・秀吉を支えた名族-(栃木県立博物館)
室町時代のやまと絵-絵師と作品-(東京国立博物館)
あこがれの明清絵画(静嘉堂文庫美術館)、典雅と奇想(泉屋博古館分館)
も印象に残っています。

・ご開帳
神奈川の秘仏開帳巡り ①西方寺(横浜市港北区)②龍峰寺(海老名市)
笠間のご開帳巡り
三浦半島二大霊場大開帳
今年は関東地方のご開帳にしばしば足を運び、地方仏ならでは魅力に目覚めました。

・古典鑑賞
文楽鑑賞「平家女護島」(国立劇場)
歌舞伎鑑賞「義経千本桜 渡海屋大物浦」(歌舞伎座)
能楽鑑賞「清経」(国立能楽堂)
長年の課題だった古典鑑賞。平家物語に題材をとった演目を選んで足を運んでみました。すごく面白いとは思えなかったのですが、それがわかってなぜかちょっと安心もしました。大好きなのに機会を逃しているんじゃないかって心配が払しょくされたので。


2018年もたくさんのお気に入りと出合えますように。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

没後60年記念 川合玉堂-四季・人々・自然- [美術展]

川合玉堂展.jpg
没後60年記念 川合玉堂-四季・人々・自然-
2017年10月28日(土)〜12月24日(日)
山種美術館

2017年最後しめくくりの展覧会は川合玉堂展。田植え、鵜飼、水車、山に沈む夕日、なんてことないからこそ今では失われてしまい、もう玉堂の絵の中に見るしかなくなってしまった日本の自然豊かで穏やかな原風景。玉堂の絵を通して、古き良き日本を旅しているような気になりました。「いい日旅立ち」のメロディーが聞こえてくるよう。でもその風景自体がなくなってしまったら、玉堂の絵に郷愁さえ感じられなくなってしまうのかしら…。作品自体を伝えていくことの大切さを思うことはあっても、描かれている風景を守っていくことに危機感を覚えることはありません。これこそ玉堂の絵ならではの効力です。(関連記事


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

光彩の巧み(五島美術館)、フランス宮廷の磁器 セーヴル(サントリー美術館)  [美術展]

光彩の巧み.jpg
光彩の巧み-瑠璃・玻璃・七宝
2017年10月21日(土)〜2017年12月3日(日)
五島美術館

セーヴル展.jpg
フランス宮廷の磁器 セーヴル 創造の300年
2017年11月22日(水)~2018年1月28日(日)
サントリー美術館

中国の皇帝が愛した七宝、ヨーロッパの王侯貴族が愛したセーヴル磁器、どちらも色彩豊かで手が込んでいて精緻。でも、なぜかうっとりしません。豪華な器類に気が向かない性向はどうしようもないみたい。絵画や彫刻と違って実用品だから、現実に所有することを想像してしまい、“使いづらそうだから要らないなぁ”などと思ってしまうのです。神様ではなく自分自身のための豪華さになんだか自慢されているような感じがするのもよくないです。

その点、私の大好きな鍋島焼(関連記事)は手は込んでいても器形はシンプルだし、大きさは規格化されているし、セットで作られるし、日常使いに適していますね。鍋島藩から将軍家への献上品だから、自分の自慢じゃないのも良し。器類の私の鑑賞ポイントは「豪華さ」よりも「使いやすさ」と分かりました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

気になった明清画家のリスト [美術展]

静嘉堂文庫美術館の「あこがれの明清絵画」と泉屋博古館分館の「典雅と奇想-明末清初の中国名画展」で出会った中国明清画家を忘れないようにあげておきます。「 」は静嘉堂文庫美術館、<>は泉屋博古館の出品作品です。

徐渭(じょい、1521~1593年)
書・画・詩・戯曲・散文などに秀でた多才な文人。一方で科挙に失敗し続け、狂気で自殺未遂や妻を殺害しているそうです。その絵は才能があふれ出ていて、自由奔放に描いていながら、どうしようもなく上手。墨の一色だけで色彩豊か。生まれながらの芸術家だったのでしょう。琳派でなじみがある垂らし込みの技法が使われていて、画だけ見せられたら日本絵画だと勘違いしそう。<花卉雑画巻>(東京国立博物館)は若冲の「葡萄図」にも似ていて、こういう所から影響を受けていたのかもと思いました。

徐渭 花卉雑画巻.jpg
徐渭<花卉雑画巻>


李士達(りしたつ、1540頃~1621年以降)
明代後期の画家。「秋景山水図」(重文)の急峻な岩山はブリューゲルのバベルの塔みたいです。<石湖雅集図扇面>(橋本コレクション)は鮮やかな緑色の岩石に隠れるように隠居生活を楽しむ高士やかわいい鹿が描かれています。<竹裡泉声図>(東京国立博物館、重文)は前景には竹林、中景にはもやもやとした雲、後景には山が不思議な曲線で描かれたファンタジーな1枚。どれも甲乙つけがたくお気に入りです。

李士達 秋景山水図.jpg
李士達「秋景山水図」


米万鐘(べいばんしょう、1570~1628年)
奇石を好み,画風にも奇異な趣味がみられるそうです。<柱石図>(根津美術館)は奇石に対する愛を感じる1枚。米万鐘の収集した奇石は北京の公園に今も残っているそうです。そして今回みた明清絵画のマイベストが<寒林訪客図>(橋本コレクション)。描かれている山、木、人物全てが奇妙でトリップ感がすごい!

米万鐘 寒林訪客図.jpg
米万鐘<寒林訪客図>


張瑞図(ちょうずいと、1570~1641年)
画家としてよりも書家として有名。柳沢淇園や池大雅が「秋景山水図」(重文)を、円山応挙が「松山図」(重文)を模写しています。うねうねとした岩山に松がひょろっと生えている不思議な絵です。

八大山人(はちだいさんじん、1626~1705年)
清初時代の画家にも惹かれる作品がいくつかあったのですが、明末時代の画家のインパクトがすごくて、覚えきれませんでした。唯一、八大山人だけがあまりに他と違っていて、奇想疲れした眼を癒してくれました。<安晩帖>(重文)の脱力系の動物たち、ゆるきゃらみたいでかわいいです。

八大山人 安晩帖.jpg
八大山人「安晩帖」



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -